情報サイトを活用して最適な不動産に出会おう!

一軒家

不動産売却のコツ

笑顔の男の人

不動産会社を選ぶ基準

個人で所有している不動産売却時の仲介手数料について知っておきましょう。不動産売却のために不動産会社などの仲介業者に仲介を依頼することがあります。もし売買契約が成立して不動産が売れた場合、不動産会社に仲介手数料を支払わなければなりません。仲介する不動産会社にとって仲介手数料は大きな収入源になります。持っている不動産を売る時に仲介手数料で得する方法は、仲介手数料無料のサービスを行っている不動産会社を選ぶことです。仲介手数料無料とまではいかなくても、半額や値引き交渉に応じてくれる会社もあります。以前はこの仲介手数料をできるだけ高く売主や買主から取ろうとする不動産会社が多くありました。仲介手数料無料のサービスを行っている不動産会社を選ぶことは、経費の削減だけでなく良心的な不動産会社である可能性が高まるのです。

手数料が無料の理由

仲介手数料が収入に関わる不動産会社が、仲介手数料無料のサービスをしているのは、それなりの理由があります。仲介手数料は法律で上限が決められているだけで上限以下の価格や無料でも問題はありません。よって、コストを下げるなどの企業努力で仲介手数料無料を可能にした不動産会社があるのです。不動産業界も昔とは違って厳しい時代になりました。他の不動産会社との違いを出すために削れる所は削る、その削る所が仲介手数料なのです。仲介手数料が無料になるケースは、売主が不動産会社で買主が個人の場合と売主が個人で買主が不動産会社の場合です。前者は売主から手数料を貰って買主の手数料を無料にし、後者は売主の手数料を無料にします。このように不動産会社は仲介手数料無料サービスを売りにして顧客を獲得していくのです。また、無料サービスをするために広告費や人件費の削減、業務のスリム化を行っています。